さらば、セルライト。私のセルライト エステ 体験 はしごと撃退。

セルライトの存在を意識し始めたのは中学生の頃。当時テレビで放送されていた健康番組のセルライト撃退特集をみてから、途端にその存在が気になり始めました。私の母は比較的体型が豊満なタイプで、母の腕や足にぽこぽことした凹凸があることは知っていましたが、それが「セルライト」ということ、ましてや女性にとって憎き存在であることはそれまで全く知らなかったのです。中学校の理科の授業中です。ふとセルライト特集のことを思い出し、片方の腕の肉をもう一方の手でひねってみました。忘れもしません。衝撃でした。ぽこぽことした立派な凹凸が自分の腕にもあるではありませんか。

勉強や部活にも身が入らず、帰宅した後風呂場の全身鏡の前に立ち、自分の太ももの肉をひねってみました。現実を叩きつけられたようで、泣きそうになりました。その後セルライトの存在を遠目で意識しながらも特に何か対策をするわけでもなく、ダラダラと10年が経過した頃です。友人の結婚式のブライズメイドをすることになりました。ブライズメイドはお揃いのドレスを着ようということになり、薄いサテン生地のドレスが分配され、皆で試着してみることに。服を試着して冷や汗をかいたのは初めての経験でした。綺麗な薄いピンクのタイトスカートの裾から、凹凸の激しい太ももがあらわになっていたのです。すぐに脱ぎました。

そしてその日のうちにセルライト エステ 体験を決めました。
体験が良い感じだったので、本コースに申し込んでケアを続けました。
半年後の友人の結婚式にはめでたく私の太ももからセルライトはいなくなっていました。

セルライトは私のもとから去っていきましたが、彼氏がわたしのもとにやってきてくれました。嬉しかったです。その彼氏が今の旦那となっています。頑張ってよかったと思います。セルライトよ、私の努力するスイッチを押してくれてありがとう。